2014年06月23日

教諭、児童転ばせ骨折…「自分で転んだ」と

水泳の授業中に小2の男児を転倒させて骨折させ、「自分で転倒した」とうその報告をしていたとして、鹿児島県教育委員会は、同県湧水町立吉松小の男性の担任教諭(38)を減給6カ月(10分の1)の懲戒処分にした. 15日付. 教諭は昨年11月、傷害罪で加治木簡裁から罰金30万円の略式命令を受け、納付したという. 県教委によると、教諭は昨年7月8日、水泳の授業中、プールで教諭に背を向けていた男児の腕を引っ張り、コンクリートの壁に衝突させた. 児童は転倒して手をついた際、左ひじの骨が折れるけがをした. ニューバランス スニーカー 教諭は校長や保護者らに「(児童が)自分で転倒した」と説明していたという. 保護者がほかの児童から「先生から投げられた」と聞いて学校に抗議し、県警に被害届を出した. 県教委の調査に対し、教諭は「水泳大会が迫り、焦って指導していた. ざわついたなかで(児童が)話を聴いていなかったのでかっとなった」と説明したという.
posted by HirayamaSaki at 06:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。