2016年08月26日

旭川工競り勝ち甲子園切符 エース官野、ピ

20日北北海道大会決勝、旭川工2―1遠軽) 1年秋からエースだった旭川工の左腕・官野が踏ん張った. 散発3安打無失点で迎えた9回. 2安打と犠打、犠飛で1点を返される. それでも表情一つ変えずに「焦らず一つ一つ」と集中. 2死三塁、準決勝まで打率8割6分7厘の打者を得意のスライダーで遊ゴロに抑えた. 旭川工は守って競り勝ってきた. その中心に官野がいる. 「まだ通過点. 甲子園で勝つことが目標」とすぐに気持ちを引き締めた.

posted by HirayamaSaki at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

第83回アカデミー賞ノミネート発表

これはもしかして土壇場の逆転劇があるかも? 世界中の映画ファンが注目する第83回アカデミー賞ノミネートがついに発表されました. 一覧は以下の通りゲソ. 【作品賞】 『ソーシャル・ネットワーク』 『英国王のスピーチ』 『127時間』 『ブラック・スワン』 『ザ・ファイター』 『インセプション』 『キッズ・オールライト』 『トイ・ストーリー3』 『トゥルー・グリット』 『ウィンターズ・ボーン』 【監督賞】 デビッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』 トム・フーパー『英国王のスピーチ』 ダーレン・アロノフスキー『ブラック・スワン』 ジョエル&イーサン・コーエン『トゥルー・グリット』 デヴィッド・O・ラッセル『ザ・ファイター』 【主演男優賞】 ジェシー・アイゼンバーグ 『ソーシャル・ネットワーク』 コリン・ファース『英国王のスピーチ』 ハビエル・バルデム『ビューティフル』 ジェフ・ブリッジス『トゥルー・グリット』 ジェームズ・フランコ『127時間』 【主演女優賞】 アネット・ベニング『キッズ・オールライト』 ニコール・キッドマン『ラビット・ホール』 ジェニファー・ローレンス『ウィンターズ・ボーン』 ミシェル・ウィリアムズ『ブルーバレンタイン』 ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』 【助演男優賞】 クリスチャン・ベイル『ザ・ファイター』 ジェレミー・レナー『ザ・タウン』 ジェフリー・ラッシュ『英国王のスピーチ』 マーク・ラファロ『キッズ・オールライト』 ジョン・ホークス『ウィンターズ・ボーン』 【助演女優賞】 エイミー・アダムス『ザ・ファイター』 メリッサ・レオ『ザ・ファイター』 ヘレナ・ボトム・カーター『英国王のスピーチ』 ヘイリー・スタインフェルド『トゥルー・グリット』 ジャッキー・ウィーヴァー『アニマル・キングダム』 【脚本賞】 『英国王のスピーチ』 『ザ・ファイター』 『インセプション』 『キッズ・オールライト』 『アナザー・イヤー』 【脚色賞】 『ソーシャル・ネットワーク』 『127時間』 『トゥルー・グリット』 『トイ・ストーリー3』 『ウィンターズ・ボーン』 【撮影賞】 『ソーシャル・ネットワーク』 『英国王のスピーチ』 『インセプション』 『ブラック・スワン』 『トゥルー・グリット』 【編集賞】 『ソーシャル・ネットワーク』 『英国王のスピーチ』 『ブラック・スワン』 『127時間』 『ザ・ファイター』 【美術賞】 『インセプション』 『英国王のスピーチ』 『トゥルー・グリット』 『アリス・イン・ワンダーランド』 『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1』 【衣装デザイン賞】 『アリス・イン・ワンダーランド』 『英国王のスピーチ』 『トゥルー・グリット』 『テンペスト』 『Io Sono I'amore』 【メイクアップ賞】 『バーニーズ・ヴァージョン』 『ザ・ウェイ・バック』 『ウルフマン』 【音響賞】 『ソーシャル・ネットワーク』 『英国王のスピーチ』 『インセプション』 『トゥルー・グリット』 『ソルト』 【音響効果賞】 『インセプション』 『トゥルー・グリット』 『トイ・ストーリー3』 『アンストッパブル』 『トロン: レガシー』 【視覚効果賞】 『アリス・イン・ワンダーランド』 『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1』 『ヒアアフター』 『インセプション』 『アイアンマン2』 【アニメ作品賞】 『トイ・ストーリー3』 『ヒックとドラゴン』 『イルージョニスト』 【作曲賞】 『ソーシャル・ネットワーク』 『英国王のスピーチ』 『ヒックとドラゴン』 『127時間』 『インセプション』 【主題歌賞】 『127時間』 『塔の上のラプンツェル』 『トイ・ストーリー3』 【外国語映画賞】 『ビューティフル』(メキシコ) 『Kynodontas』(ギリシャ) 『未来を生きる君たちへ』(デンマーク) 『Incendies』(カナダ) 『Hors-la-loi』(アルジェリア) まず大方の予想を裏切り、前哨戦絶好調の 『ソーシャル・ネットワーク』 に代わり、対抗馬の『英国王のスピーチ』と大穴『トゥルー・グリット』が共に12部門でノミネートというのには驚きました. これはもしかしたら第77回の 『ミリオンダラー・ベイビー』 (本命『アビエイター』)、第78回の 『クラッシュ』 (本命『ブロークバック・マウンテン』)に続く、久しぶりの大逆転劇があるかも? 何だか俄然楽しみになってきましたね. アカデミー協会も粋なことしますわ. あと驚きだったのは珍しく今年の視覚効果賞に5作品もノミネートされていること. 例年は3作品止まりが多かっただけに、これも協会からの3D映画への何かしらのメッセージなのでしょうか. モンクレール モンクレール ダウンサイズ で、 『告白』 と 『サマーウォーズ』 のノミネート漏れに関しては、まぁ予想通りの結果. 作品の優劣以前にできるだけ欧米映画を重宝する傾向があるのがアカデミー賞ですからね. てな訳で現地時間2月27日の発表が楽しみです. 深夜らじお@の映画館 はノミネート部門が『英国王のスピーチ』と被りまくりの『トゥルー・グリット』が無冠に終わる可能性も危惧してます. ※お知らせとお願い ■ 【元町映画館】 に行こう.
posted by HirayamaSaki at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。